目に見えない工程を大切に。想いを込めて丁寧に造る – 木曽谷の地酒「中乗さん」中善酒造店

YouTube動画

株式会社 中善酒造店 常務取締役 南 俊三 さん

株式会社 中善酒造店 常務取締役 南 俊三 さん

木曽谷で「中乗さん」ブランドの地酒を醸す蔵元、中善酒造店の南俊三常務にお話を伺い、こだわりの酒米、その特徴、お酒の特徴について語っていただきました。

単独で飲んでも、食事と併せても美味しくいただける純米酒や、こだわりの契約栽培米。

「美味しいものを造る」という信念がお酒に出てくるとのことです。

酒造りのこだわりは、手洗いや整理整頓をはじめとし、とにかく「かっこいいことだけでなく、一つ一つの小さな工程にも手を抜かない」ことと語る南常務。

木曽の酒豪の方々をうならせる酒造りをしています。「中乗さん」とは、かつて木曽ヒノキを切り出して木曽川を流して尾張まで運ぶ際に、筏や木材に乗って命がけの運搬をした人のことで、木曽節にも歌われています。

「中乗さん」の日本酒について

慶応元年 江戸末期から始まった酒蔵です。150年位前ですかね。

蒸す「甑(こしき)」が今年から木の甑に変わっています。今まで以上に外固内軟の非常に麹菌がはぜ込みやすい麹に仕上がっていると思います。
そういった部分では、麹の出来が抜群に良くなったので、酒質がすごく安定しているのと、今年から麹の質が非常に良くなっています。
麹の出来一つでかなり変わってきますから。

目に見えない工程を大切に、「整理整頓」「衛生的に清潔に」など、子供に言って聞かせるような、当たり前のことを、さぼらずに丁寧に誠実に毎日やる。
それをやらないと地元住民を裏切ることになります。

気取らずにアットホームであって地に根付いたお酒を目指しています。

お米は長野県産米を100%使用しております。

長野県の農家の方の想いをしっかりと消費者の方に伝えられるパイプ役でなければならないと思っています。

「仕込水」について

横井戸 仕込水は御嶽山系の伏流水

横井戸 仕込水は御嶽山系の伏流水

仕込み水はずっと昔から使っている水で、横井戸からなんですね。
下へと掘り下げるのではなくて、横に洞穴がずっとつながっている横井戸というタイプで、地形をうまく利用した水の取り方であったり、また(この地にあった)水の質であったりします。

「中乗さん」とは?

蔵の脇に流れる木曽川

蔵の脇に流れる木曽川

「中乗さん」とは、かつて木曽ヒノキを切り出して木曽川を流して尾張まで運ぶ際に、筏や木材に乗って命がけの運搬をした人のことで、木曽節にも歌われています。

どんな料理に合いますか?

タラの芽の天ぷらですとか、(春)これからこの山々に出てくる山菜、
エグみのあるタケノコであったりそういったアクの強いもの、
そういったものもうまく口の中で中和してくれて、非常に飲み心地もいいですし、
食材の旬や味を楽しめます。

イワナとかヤマメとかそういった淡水魚の塩焼き、料理を選ばず飲めるお酒ではありますけれども、
旬の食材、地の食材ともうまく併せて味わうのが一番いいと思います。

酒造りに心がけていることは?

細かい工程のこだわりがたくさん詰まっています。

この木曽の地域は酒豪が多いのが特徴でもあります。
その酒豪の人たちをうならせるようなお酒を造らなくてはいけませんし、逆に言えば大量に出荷していない分、その酒豪たちが誇れるお酒でなくては絶対にいけないと思います。

そういうお酒を造るにはどうしても、一つ一つの工程にこだわっていかないと。

すぐに味が変わったりすると大きく怒られるといったこともあります。
そういった点では、いい環境の中で酒を造らせていただいていると思います。

ひとから、「美味しい」といわれた瞬間のこの喜びがたまらくて続けているだけであって、
いろんな人の想いが集まって、
杜氏であったりとか周りの環境であったりとか、
地域の人たちであったりとか、
造り手の想いが隠し味として入っていて、ちょっとしたこだわりをどんどん積み重ねることによって、
なにか伝わるものになってくるのかなとという気がします。

美味しいものを造りたいときには、
「美味しいものをを造る」という信念が一番お酒に出てくるんですね。

「こういうお酒を造りたい」という強い信念を持っていると、そういうお酒になってくるのだと思います。

編集後記

地域住民を決して裏切らないように、誠実に醸す酒、「中乗さん」。
南常務の誠実なお人柄と、木曽山系の水、長野県産の米、整理整頓された蔵の内部を拝見させていただき、ここの酒が不味いわけがないということを何度も認識しました。

雪中貯蔵を試したり、ひとごこち精米歩合80%の純米酒、自家栽培米にもチャレンジしたり、木曽の豊かな自然をふんだんに取り入れるだけでなく、かなりの工夫もされている様子を取材することが出来ました。

これだから地酒の発掘はやめられません。

中乗さん 株式会社 中善酒造店

中乗さん
株式会社 中善酒造店
住所:長野県木曽郡木曽町福島 長野県木曽郡木曽町福島中畑5990
電話番号:0264-22-2112
http://nakanorisan.com/

株式会社中善酒造店

コメントは受け付けていません。